ボトックスというお気軽美容術

ボトックスというお気軽美容術

注入部へのマッサージはしない

最も痛みの感じにくい細い針で施術方法は注入します。多少注入部位によって異なりますが、数十秒〜数分の時間で一ヶ所あたり終了します。
また、多少注入部位が黄色くなったり赤く成る場合が有ります。
施術後お化粧などでごまかす事ができ、2〜3日で通常消失しますので不安は有りません。
他部位へのボトックスの拡散を防ぐため、施術後3〜4日は注入部へのマッサージはしないでください。
入浴や飲酒を当日は控えてシャワー程度にしてください。

 

また妊娠や授乳(男性は受精)は安全性が未確認のため最低作用期間で有る3ヶ月間は避けてください。施術後化粧や洗顔、入浴は行っていただいてかまいません。
それではボトックスを注入するとどうなるのか、ということについて見ていきます。
どのような悩み・症例にボトックスを注入すると、効くのでしょうか。
表情筋によるしわ(眉間のしわ、目尻にできるしわ(からすの足跡)額(おでこ)にできる横じわ、)を解消します。
また、多汗症の改善やエラ張りの元と成る咬筋をスッキリさせる(=小顔効果・歯ぎしり改善)効果がその他の効果としては有ります。

 

しわの溝そのものを埋めるヒアルロン酸とは異なり、ボトックスを注入すると、その局所の末梢神経の枝からの命令が筋肉に伝わりにくくなり、しわに効果が一部の筋肉が働かなくなり有ります。
フェイスリフトの手術をうけたのと同じくらいの効果がボトックスの注入には有ります。

 

個人差が作用期間に有りますが、3ヶ月〜6ヶ月程度とボトックスのしわに対する効果なります。
効果が現れるまでにボトックスを注入すると、2週間〜2ヶ月ほどかかります。また、定期的に3ヶ月〜8ヶ月程度で注射する事により効果は長つづきします。

 

ボトックスについてある程度の知識を貴方はお持ちですか?
ボトックスの情報サイトやクチコサイトをチェックして納得のボトックス情報を探しましょう。

 
 

ホーム サイトマップ